MENU

髪の毛は早く伸ばせる?

髪の毛が伸びるのを早めたり遅くしたり出来るものならそうしたいものです。

 

髪の毛が薄い人は当然のように早く伸ばしたいし、抜けてしまった人は少ない毛根からできるだけ毛を生やしていければいいのですが、逆にオシャレヘアーな人はせっかくお金をかけてカットした髪の毛を持続させたいからゆっくり伸びるほうが良いでしょうしね。

 

ですがそんなにうまくはいかないもんです。

 

昔こんな話を聞いたことがありませんでしたか?

 

「スケベな人は髪の毛が伸びるのが早い」

 

こんな言葉が出回るくらいだから昔の人も何かしら髪の毛の伸び方に感じた事があるのでしょう。

 

現代医学的にかどうか分かりませんが、育毛に関する書籍などを読んでいると毛根に栄養を与えてやることが髪の毛を生やす為に大事といったことが書かれています。

 

確かに皮膚の構造上毛細血管が皮膚の内側にあってそこから頭皮に栄養を供給しているわけです。

 

髪の毛は老廃物として抜け落ちていきますけど、伸びたり太くなったりするためには栄養を使っているわけです。

 

早く伸びるといっても何マイクロミリ伸びると早いのか分かりませんが、まぁ普通以上ならば早いといえるわけですよね。

 

そう考えると毛根への栄養供給を活発化して、うまく毛根が機能してくれれば一般的な速さ以上の期待ができる可能性はあります。

 

どんな方法で髪の毛を早く伸ばす?

髪の毛を伸ばすには毛根への栄養供給を滞りなく行うこと。

 

栄養って何?ということですが一般的にこんな栄養素が髪の毛には良いって言われているみたいです。

  • タンパク質
  • 亜鉛
  • ビタミン
  • リフェノール

これらの基礎栄養を最低限きっちり摂ることがまず大事。

 

それから滞りなく栄養を髪の毛に伝えるためにはこんな注意点が必要です。

  • 毛根の血行が悪くないか
  • 毛根を傷つけてないか
  • 皮脂汚れなどで毛根が詰まってないか

ざっくりとこんなイメージですがせっかく栄養を髪の毛に与えたくて努力していても、受け取る毛根にやる気がなかったら無駄になる部分が増えてしまうわけなんです。

 

栄養はきちんと毛根を通して髪の毛にパスしてあげることが大事。

 

髪の毛の伸びる長さを参考に

髪の毛はざっくりと平均値を観ていくと

1日0.3〜0.5mm程度伸びてくる

ことがわかっているようです。

 

あんまりわからないですがヒゲとかで考えるとわかりますよね。
3日もするともうゴリゴリにヒゲは生えてきます。

 

髪の毛はヒゲとは毛穴の大きさとかが違うのですが、細い毛がそれくらい生えてくるって考えると良いかと思います。

 

一ヶ月換算すると9mm〜1.5cmっていう計算ですね。

 

この差、大きくないですか?

 

人によってご差があるとは言え一ヶ月コンスタントに生えてくるとしたら、1日少しでも早く髪の毛を伸ばすための努力は、毎日少しずつでも続けるべきなんですね。

 

タンパク質として納豆を食べたり魚を食べたり、フルーツを食べたりと食事も大事ってことがわかりますね。

 

カップラーメンにコンビニのおにぎりやアンパンではとても髪の毛が生えてくる栄養は取れません。残念ながら。

 

これを面倒でも一ヶ月続けてみると全然変わってくるはず。

 

基本的に食事でそれが取れない男性が多いから、育毛剤で簡単に栄養を供給するのが流行しているわけなんですね。

 

正直私も食べ物で健康になろうと思えない性格なので育毛剤でしっかり毎日栄養をダイレクトに与える方法が一番早いとも思っていますが。。。

 

各人意識することがまずは大事ってことですね。

 

筋トレによる薄毛(AGA)の原因って?