MENU

筋トレで髪の毛が生えてこないのが信じられない?

筋トレがまさかのハゲの原因になっているという説をどこからともなく聞いた方もいることでしょう。

 

だってボディビルダーだってスキンヘッドの人もいるにはいるけど、ハゲ率割合少ないしむしろ春日的な黒髪でイケメンヘアーな人が多い印象あり。

 

むしろ髪の毛多い率高いんじゃね?って思ってしまったわけだけど、自分も何かに書いてあったのを読んだので、「いやー?むしろふさふさの人が多いんじゃね?」って思ったわけです。

 

筋トレ,ふさふさ

 

よく読んでみると「AGAの原因としてハードな筋トレが影響する可能性あり」みたいなニュアンスだったと思います。

 

わかりにくいなぁ。ってことでその辺、AGAも関係しているなら知っておきたいってわけで調べてみました。

 

AGAと男性ホルモンの関係が深い

AGAってのは御存知の通り

  1. 遺伝子によるもの
  2. 男性ホルモンの異常分泌によるもの

こういう場合に薄毛になるのがAGAって言われていて、これは治療ができます。

 

1の場合は先天的なもので、2はほぼ後天的な原因っていう分類ができると思う。

 

筋トレが薄毛の原因となると後天的な理由になってしまうので、筋トレをすると男性ホルモンの異常分泌が起こる可能性がある、ってことが言える。

 

ここまではいいですか?

 

では詳しく調べた筋トレによる影響を書いていきますよ。

 

筋トレの方法によってテストステロンが増える

筋トレを頑張っていると男性ホルモンの一種であるテストステロンっていうのが分泌されます。

 

テストステロンは特殊なものではなく、普通に日常生活で分泌されるものらしい。

 

しかも精巣で作られるからむしろ男性フェロモン的な男の魅力として例えられることもあるので、どんどんテストステロンを出すことは良いんだけど、筋トレのハードすぎるのはちとまずい場合もある。

 

筋トレで自分にムチを打つようにやる、某トレーニング法みたいなのをやると異常に発生するらしいです。

 

つまり異常分泌。これで男性ホルモンのバランスが崩れてしまうらしい。

 

そうなると次にいよいよAGAの原因となる悪役の登場ですよ。

 

テストステロンの異常分泌でジヒドロテストステロンに変化

テストステロンってのは5aリダクターゼっていう酵素と結びつくらしい。

 

このタッグを組まれてしまうとジヒドロテストステロン(DHT)っていう男性ホルモンに変化しちゃう。

 

DHTってのはかなり嫌われ者で体の毛を濃くしちゃうだけでなく、肝心の頭は薄くさせてしまうとのこと。

 

体毛と頭髪

 

DHTは毛乳頭に作用して、髪の毛が作られて生えるサイクルをおかしくするんだそう。

 

どうやらこれが筋トレによる毛髪への弊害らしい。

 

でもこのDHTってのは減らしたり分泌するのを抑えることも出来ると言われている。

 

DHTの分泌を減らす方法

DHTであるジヒドロテストステロンってのを減らすにはこんな方法があるらしい。

  • 有酸素運動をする
  • プロペシアに含まれてるフィナステリドを増やす

これを押さえておくと筋トレをしても薄毛の心配をするリスクは減るってこと。

 

つまり有酸素運動をするとびっくりなことにジヒドロテストステロンを減らすことが出来るらしい!

 

あとはプロペシアは有名な飲み薬でもあるし、育毛剤もあるからね。

 

これも筋トレをばしばしやった後に飲んだり頭に使うことは良いことらしい。

 

ってことは筋トレだけじゃなく、筋トレのあとでエアロバイクとかウォーキングマシンをして終わるってのは薄毛になりにくくするということ。

 

ジムで体を鍛える薄毛予備軍の人はぜったいに抑えておくポイントですよ!