MENU

育毛剤が高い理由を一言で言うと?

育毛剤ってなぜ高い?人のコンプレックスにつけ込んだ商売だから?

 

個人的にもすごく気になっていた育毛剤の値段設定について分析してみることにしましょう。

 

育毛剤の値段のエビデンスとして詳細を言う前に、分かりやすい比喩にて語ってみます。

 

髪の毛(育毛)市場がそもそも高い説

そもそも生えてこなくなった髪の毛を復活するのって魔法みたいなもんですよね?

 

魔法をかけてもらうのに一万円とかって高いけど効果が伴ってれば払いますよね。だって髪の毛をカットして5000円取られてカラーやパーマでも5000円以上取られるんですよ?

 

そう考えると育毛剤の値段なんてむしろ安いんでないの?って気がします。医療的な育毛増毛とかの治療になるとさて、何十万円かかることでしょーかね?(笑)

 

とかそういうのはどうでもいい、冗談なんですけど、髪の毛のカテゴリって案外安いマーケット市場ではないのが分かりますよね。

 

そもそも髪の毛はデリケートな頭皮の部分にアクセスしてサクセスしなきゃいけないので、すっごく原料というか素材にも拘る必要があるわけです。

 

原料,高い
 ↑ 育毛に詳しそうだけど詳しい人ってわけじゃない人

 

育毛剤が高い理由は原料のせい?

育毛剤って結構なお値段するだけに、成分とかが必ず記載してありますのである程度は気にしますよね?

 

育毛効果を実感できなければ意味がないわけで、効果が期待できる成分やそれを含む原料が入っていないと買うかどうかの判断もしにくかったりします。

 

で代表的なプロペシアだとかセンブリエキスとかって、そもそも原価や仕入れルートに絡むコストが高いのかって話ですがまずプロペシアから書いてみましょうか。

 

プロペシアの抽出方法

プロペシアって成分は何かというと別名フィナステリドっていうらしく(覚えにくいし、覚える気もないけど)、これってお薬とのことだそうです。どこかのサイトに書かれていました。

 

アメリカUSAのメルクっていう会社が開発したお薬らしく、全世界いろんなところで認可されているそうです。

つまりそういう医療では遅れをいつもとっている日本では、副作用がどーとかいろんな育毛剤のサイトさんが唱えているわけですけど、全世界でこれだけ認知されているものなので、個人的には全く心配せずに使います。

 

ってかすでに禿げてんだから副作用以前に関係なく「使うよね、普通。」って話で。

 

でお薬ってことはなにかの薬品とかを混ぜ合わせて作るんでしょうね。ドリフみたいに煙がボーンと出るのかな?

 

おそらくですがお薬ってことで製造工程は大きくは変わらないと思うわけです。

 

例えばお薬製造大手の一つ、大塚製薬さんのバーチャル工場見学ってのを参考にしましょう。

 

大塚製薬さんのバーチャル工場見学のページへ

 

プロペシアも世界的に認可を受けているんだったら、似たような白衣に包まれて検査を行ったりしてるんでしょうね。(私的想像)

 

センブリエキスの抽出方法

センブリっていうのは漢方の一種でめっちゃ苦い味がします。なんかクイズ番組で罰ゲームとしてセンブリ茶って飲んでましたよね。

 

これはセンブリはおそらくお湯などでエキスが出てくるんでしょう。センブリ茶になるくらいだから。(勝手な推測)

 

水溶性なので水にしばらく入れておいてセンブリエキスを水出しコーヒーのように抽出するわけです。このセンブリは高いの?ってことですけど、いや安いです。高くはないかな。

 

そんな感じなのでクスリは値段が読めませんが、おそらくめちゃ高くはないと思う。ちょっとおしゃれなスーパーとかにあるかも。成城石井的な?

 

今ちゃんと調べてみたところ、センブリエキスってアルコールで抽出するそうですよ!

 

しかもセンブリって名前の由来は、千回煎じても(振り出すというらしい)苦いからって意味からつけられたらしい。

育毛剤が高い理由を検証。高い水にもワケがある。
 ↑ 苦すぎて腹壊す、のイメージ(笑)

 

原料ではなく加工にお金がかかっているからくり

そんなに高い原料でないにもかかわらず、どうして育毛剤は高いのってことなんですが、要は商品にするために加工を加えているからなんです。

 

だって育毛剤を頭に振ったらすんごい漢方臭くなっちゃった!ってなったら最悪でしょ!

 

プロペシアが手のひらについて手のひらから毛が生えたら嫌なので、ちゃんと頭皮を傷めずに毛穴から浸透したり血行を良くするポイントに届くための商品改良が加わっているのですね。

 

いまではモニターを使用した研究実績やパッチテスト(肌が荒れないかのテスト)など行うのは当然ですから。

 

これの研究費にも費用が充てれていることは間違いなしです。

 

なんか体に効きそうな漢方とかを適当に混ぜて人体に使うってのは、どっかの発展途上国とかのクレイジージャーニーのゴンザレスが取材に行ったりしているようなところの国じゃないんですから、日本では安全性とかも基準値があります。(食品に関する安全性は利権の問題で盲目中みたいですけど)

 

会社で商品開発をしている以上は、その商品が効き目があろうがなかろうが、人権・開発費が計上されて高くなってしまいます。

 

じゃ効き目がなくても高いってこと?

そんなはずはないですよね。大手の企業や商品名ブランド名など育毛業界の中でも知名度の高いブランドっていくつか限定されるようになってきました。

 

つまり、「効き目がなければ人はリピートもせずにそのブランドって続かないよね。」ってことになり、効き目を少なからず感じてリピートした人たちのおかげで会社が継続されているっていう事実があるわけですね。

 

アデランスにアートネイチャー、ああいうブランド名も社名になってるくらいの知名度ですよね。ということはそれなりに悩みに対してのリアクションが良かったから、商品やサービスの値段が高かろうと利益も出ているっていうことです。

 

つまりある程度のブランドである育毛剤というのは、それなりの効き目・効果が期待できるはず、その中からどれを選ぶことが一番良い結果になるのかな?という選択肢になっていくわけです。

 

育毛剤選びなどについては こちら で詳しく書いていますよ。